第54号(2018年12月)から第45号(2015年8月)掲載

※記事をクリックすると、拡大してご覧いただけます


 私たちは、国土に働きかけて、不毛だった大地を肥沃な土地に変え、河川を付け替えて耕地を生み出す努力を、江戸時代のはるか以前から続けてきた。美しい日本を後世に残すために、国土への働きかけは悠久の時間の中で、世界の空間の中で、考えていかなければならない。それが「国土学」なのだと、国土交通省道路局長、技監等を経て公益社団法人土木学会第105代会長などを歴任した大石久和氏は説いています。その考え方、ものの見方がよく分かる当コラムは、創刊号以来のルートプレスの人気コーナーです。

 ここでは、直近の発行号(第54号)から10号分(第45号)を遡ってご覧いただけます。

 第44号以前については「工事中」ですが、順次ご覧いただけるように整理しています。

≪第54号:2018(平成30)年12月≫

日本とドイツの男女同権

≪第53号:2018(平成30)年8月≫

誤りの財政健全化議論



≪第52号:2018(平成30)年4月≫

日本が貧困化途上国に

≪第51号:2017(平成29)年12月≫

蓄積文化と循環文化

≪第50号:2017(平成29)年3月≫

個人の努力で得られないもの