第60号(2021年9月)から第4号(2016年1月)掲載

※記事をクリックすると、拡大してご覧いただけます


 インターネットやスマートフォンなどの発達で活字離れが進んでいると指摘され、出版業界は苦境に立たされていますが、そんな時代だからこそ本を読んでほしいものです。活字文化の一翼を担うルートプレスとして、読書の薦めを「道の駅文庫」という形で毎号、書評を掲載しています。

 直近の発行号(第60号)から連載開始の第4号まで、ご紹介した書籍の全てを遡ってご覧いただけます。

 

≪第60号:2021(令和3)年9月≫

老いる意味  うつ、勇気、夢

森村誠一著

中公新書ラクレ