第56号(2019年8月)から第0号(2005年7月)掲載

※記事をクリックすると、拡大してご覧いただけます

 国土交通省道路局長から技監、事務次官を歴任した谷口博昭氏が、道路局長だったころの創刊号以来、道や道路行政等について持論を執筆。当初の「み・ち・つ・う・し・ん」を途中から「ハロハロ」に改題し、一時交代や中断もありましたが、今も続く名物コーナーです。退官後は芝浦工業大学客員教授として執筆いただいています。

 近の発行号(第56号)から、本紙が定期発行される前のプレビュー号(第0号)まで、すべてを遡ってご覧いただけます。

≪第56号:2019(令和元)年8月≫

市町村の特色を生かした

主体的かつ独自の取り組みを



≪第55号:2019(平成31)年4月≫

「道の駅」と官民連携

≪第54号:2018(平成30)年12月≫

地域社会の再生へ、点から線の展開を

≪第53号:2018(平成30)年8月≫

「道の駅」と「日本風景街道」との

連携を



≪第52号:2018(平成30)年4月≫

復興続く3・11から7年の東北

≪第51号:2017(平成29)年12月≫

教科書「道の駅」に学び、進化を

≪第50号:2017(平成29)年3月≫

創刊50号を機に「道の駅」の

更なる進化を