HOME >全国「道の駅」シンポジウムin遠野

全国「道の駅」シンポジウムin遠野

遠野宣言

私たち、全国の「道の駅」関係者は、本日「永遠の日本のふるさと遠野」に相集い、
全国「道の駅」連絡会設立総会及び全国「道の駅」シンポジウムin遠野を開催しました。

現在、「道の駅」は、全国で996カ所を数え、これまで、道路利用者のための「休憩機能」、
道路利用者や地域の方々への「情報発信機能」、地域と道路利用者、地域間の交流を促進する
「地域の連携機能」の3つの機能を併せ持つ休憩施設として、その役割を果たしてきました。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に際しては、発災直後に被災者支援の拠点となった
だけでなく、自衛隊及び消防等の基地、救援物資の集積配送拠点、復興支援イベントや炊き出しの
開催など復興支援の拠点として重要な役割を果たしてきました。

本日、全国の「道の駅」の設置者である地方自治体等から構成される全国「道の駅」連絡会が設立され、
「道の駅」の質の確保や向上を図り、各地域の振興や利用者サービスの更なる向上に向けた活動が
進められることとなりました。

私たち、全国の「道の駅」関係者は、益々多様化し、かつ、重要となっていく「道の駅」の機能を充実させ、
その役割を果たしていくべく、常に全国の「道の駅」が連携をとりながら、情報収集に努め、
更に「道の駅」を進化させて行くことを、ここに宣言いたします。

平成24年12月17日

全国「道の駅」連絡会